保健医療分野

保健医療分野

保健医療サービス分野の問題解説一覧は、こちら

随時問題は、更新していきますので、ご確認くださいね。

 

【Q1】災害時の対応について 

【問題】福祉避難所は、高齢者など何らかの特別な配慮を必要とする者を対象とし、その家族は対象としない。

 

解答:こちら

 

【Q2】居宅療養管理指導について

次の記述は正しいか誤りか答えよ。

【問題】薬剤師が行う居宅療養管理指導は、薬局の薬剤師に限定されている。

 

解答:こちら

 

【Q3】短期入所療養介護について

次の記述は正しいか誤りか答えよ。 

【問題】緊急短期入所受入加算は、居宅サービス計画を担当する介護支援専門員がその必要性を認め緊急にサービスが行われた場合に、7日を限度として算定できる。

 

解答:こちら

 

【Q4】消化器疾患について

次の記述は、正しいか誤りか答えよ。 

【問題】非ステロイド性消炎鎮痛薬を内服している場合には、腎機能障害や上部消化管出血のおそれもあるので、乏尿やタール便などの出現の有無を確認する。

 

解答:こちら

 

【Q5】高齢者の薬剤管理について 

【問題】製剤学的な工夫がなされている錠剤には、つぶして内服してはいけないものがあるので、飲みやすい剤形への変更については、医師や薬剤師に確認する。 

 

解答:こちら

 

【Q6】高齢者の薬剤管理について 

【問題】製剤学的な工夫がなされている錠剤には、つぶして内服してはいけないものがあるので、飲みやすい剤形への変更については、医師や薬剤師に確認する。 

 

解答:こちら

 

【Q7】訪問看護について

次の記述は正しいか誤りか答えよ。 

【問題】在宅の利用者に対して、その死亡日及び死亡日前1ヶ月以内に2日以上ターミナルケアを行った場合は、ターミナルケア加算が算定できる。 

 

解答:こちら

 

【Q8】居宅療養管理指導について

次の記述は、正しいか誤りか答えよ。

【問題】居宅療養管理指導は、区分支給限度基準額の対象にならない。

 

解答:こちら

 

【Q9】訪問リハビリテーションの加算について

次の記述は、正しいか誤りか答えよ。 

【問題】訪問リハビリテーションの短期集中リハビリテーション実施加算は、退院日から3ヵ月以内に行われた場合についてのみ加算される。

 

解答:こちら

 

【Q10】訪問看護の主な加算3つ押さえて

次の記述は、正しいか誤りか答えよ。 

【問題】在宅の要介護者で真皮を越える深さの褥瘡がある場合には、介護保険の訪問看護における特別管理加算の対象となる。

 

解答:こちら

 

【Q11】看護小規模多機能型居宅介護について

次の記述は、正しいか誤りか答えよ。

【問題】看護小規模多機能型居宅介護事業所の登録定員は、29人以下にしなければならない。

 

解答:こちら

 

【Q12】薬剤について

次の記述は正しいか誤りか答えよ。

【問題】腎機能が低下している場合には、血中濃度が下がるため、抗菌薬を使用するときは、適宜増量する。

 

解答:こちら

 

【Q13】介護老人保健施設 看取り

次の記述は、正しいか誤りか答えよ。

【問題】介護老人保健施設は、在宅復帰を目指す施設であるため、看取りは行わない。

 

解答:こちら

 

随時更新していきます。

 

【Q14】意思決定の支援について

次の記述は、正しいか誤りか答えよ。

【問題】医師の説明をもとに、患者自身が考え、最終的な医療決定は、医師が行う「インフォームドコンセント」の過程が重要視されている。

 

解答:こちら

 

【Q15】皮膚の疾患について

次の記述は、正しいか誤りか答えよ。

【問題】ビタミンB2の欠乏により、口角炎や脂漏性皮膚炎が、生じることがある。

 

解答:こちら

 

【Q16】せん妄について

次の記述は、正しいか誤りか答えよ。

【問題】せん妄は、さまざまな全身疾患に伴う非特異的な症状として出現する。

 

解答:こちら

 

【Q17】訪問リハビリテーションについて

次の記述は、正しいか誤りか答えよ。

【問題】訪問リハビリテーションは、病院、診療所、介護老人保健施設、介護医療院、および訪問看護ステーションから、理学療法士、作業療法士又は言語聴覚士が訪問する。

 

解答:こちら

 

【Q18】老年期うつ病について

次の記述は、正しいか誤りか答えよ。

【問題】老年期うつ病は、若年者と比較して、気分の落ち込みが、目立たないという特徴がある。

 

解答:こちら

 

【Q19】低栄養について

次の記述は正しいか誤りか答えよ。

【問題】浮腫や腹水がみられる場合には、低栄養も疑われる。

 

解答:こちら

 

【Q20】定期巡回・随時対応型訪問介護看護について

次の記述は正しいか誤りか答えよ。

【問題】計画作成責任者は、介護支援専門員でなければならない。

 

解答:こちら

 

【Q21】医師が行う指定居宅療養管理指導の具体的取扱方針として 

次の記述は正しいか誤りか答えよ。

【問題】介護認定審査会に対し、療養上の留意点に関する意見を述べる。

 

解答:こちら

 

【Q22】消化器疾患について②

次の記述は、正しいか誤りか答えよ。

【問題】胃潰瘍などによる上部消化管出血では、血液が胃液と混じるため、鮮血便になることが多い。

 

解答:こちら

 

【Q23】介護技術(義歯の取り扱い)について

次の記述は、正しいか誤りか答えよ。

【問題】義歯は最低1日1回、研磨剤入りの歯磨き剤を使って、丁寧に磨くことが推奨される。

 

解答:こちら

 

【Q24】定期巡回・随時対応型訪問介護看護について

次の記述は正しいか誤りか答えよ。

【問題】定額給付であるため、居宅サービス計画に盛り込んだ場合、他のサービスは保険給付とならない。

 

解答:こちら

 

【Q25】むせやすい高齢者の食事介助について

むせやすい高齢者の食事介助について、次の記述は正しいか誤りか答えよ。

【問題】スプーンはできるだけ大きく深いものとし、一回量を多くすることで食事の所要時間を短くする。

 

解答:こちら

 

【Q26】高齢者に対する意思決定支援について

次の記述は、正しいか誤りか答えよ。

【問題】ナラティブ・ベイスド・メディスン(NBM)とは、患者の思いや希望を中心に、患者の自己決定を支援する形で治療方針を決定する方法である。

 

解答:こちら

 

【Q27】認知症の評価スケールについて

次の記述は、正しいか誤りか答えよ。

【問題】長谷川式認知症スケール(HDS-R)は、認知症の簡易検査法であり、21点以上であれば認知症が疑われる。

 

解答:こちら

 

【Q28】検査値(パルスオキシメーター)について

次の記述は、正しいか誤りか答えよ。

【問題】パルスオキシメーターは、静脈血中の酸素分圧を測定する。

 

解答:こちら

 

【Q29】バイタルサイン(悪性症候群)について

次の記述は、正しいか誤りか答えよ。

【問題】悪性症候群は、パーキンソン病薬の内服を開始したときに出現する。

 

解答:こちら

 

無料体験実施中

24時間受付中!

受付時間 10:00~21:00 (日)を除く