介護支援分野

介護支援分野

介護支援一問一答一覧 こちら

随時問題は、更新していきますので、ご確認くださいね。

 

 

【Q1】介護施設を開設者について

次の記述は正しいか誤りか答えよ。

【問題】共済組合は、介護老人保健施設を開設できる。 

 

解答は、こちら

 

【Q2】指定介護老人福祉施設の開設者は?

指定介護老人福祉施設について次の記述は正しいか誤りか答えよ。

【問題】市町村は、設置できない。

 

解答:こちら

 

【Q3】介護保険事業計画について

次の記述は、正しいか誤りか答えよ。

【問題】市町村介護保険事業計画は、市町村地域福祉計画と一体のものとして作成する。

 

解答:こちら

 

【Q4】介護保険事業計画の「定める事項」と「定めるよう努める事項」について

次の記述は、正しいか誤りか答えよ。

【問題】市町村介護保険事業計画では地域支援事業の量の見込みを定める

 

解答:こちら

 

【Q5】介護保険財政について

次の記述は正しいか誤りか答えよ。

【問題】調整交付金は、各市町村の第1号被保険者の所得の分布状況を勘案して交付される。

 

解答:こちら

 

【Q6】保険料について

次の記述は、正しいか誤りか答えよ。

【問題】第1号被保険者と第2号被保険者の1人当たりの平均保険料を同じ水準とする考え方がとられている。

 

解答:こちら

 

【Q7】要支援・要介護認定について認定申請時に添付書類

 次の記述は正しいか誤りか答えよ。

【問題】第1号被保険者は、医療保険の被保険者証を添付して申請する。

 

 解答:こちら

 

【Q8】基準該当サービスについて

次の記述は正しいか誤りか答えよ。

【問題】居宅介護支援は、基準該当サービスとして認められる。

 

 解答:こちら

 

【Q9】保険給付について

次の記述は正しいか誤りか答えよ。

【問題】居宅介護サービス計画費は、要介護者が市町村の指定する事業者から指定サービスを受けた場合に支給される。

 

解答:こちら


【Q10】介護保険の利用者負担に係る低所得者対策について

次の記述は正しいか誤りか答えよ。

【問題】生活保護受給者は、高額介護サービス費の支給対象とならない。

 

解答:こちら

 

【Q11】介護予防支援:サービス担当者会議開催について

次の記述は正しいか誤りか答えよ。

【問題】新たに介護予防サービス計画原案を作成したときは、必ず開催する。

 

解答:こちら

 

【Q12】指定介護予防支援事業者について

次の記述は正しいか誤りか答えよ。

【問題】主任介護支援専門員を置かなければならない。

 

解答:こちら

 

【Q13】介護予防サービス計画について

次の記述は正しいか誤りか答えよ。

【問題】主治医にも交付しなければならない。

 

解答:こちら

 

【Q14】指定居宅介護支援事業者の業務について

次の記述は正しいか誤りか答えよ。

【問題】利用者の選定により通常の事業実施地域以外の地域で、指定居宅介護支援を行う場合には、交通費を利用者に請求できる。

 

解答:こちら

 

【Q15】介護保険審査会について

次の記述は正しいか誤りか答えよ。

【問題】会長は保険者である市町村を代表する委員から選出する。

 

解答:こちら

 

【Q16】施設サービス計画について

次の記述は正しいか誤りか答えよ。

【問題】施設サービス計画書は、入所者に毎月交付しなければならない。

 

解答:こちら

 

【Q17】介護保険財政について

次の記述は、正しいか誤りか答えよ。

【問題】第1号被保険者と第2号被保険者の保険料負担の按分割合は、3年ごとに見直される。

 

解答:こちら

 

【Q18】市町村介護保険事業計画について

次の記述は正しいか誤りか答えよ。

【問題】介護支援専門員の資質の向上のための事業を定めることとされている。

 

解答:こちら

 

【Q19】高齢者を介護する家族への介護支援専門員による支援として

次の記述は正しいか誤りか答えよ。

【問題】家族の就労の継続の支援はしない。

 

解答:こちら

 

【Q20】指定サービス提供事業者に対する市町村の介護保険法上の業務として

次の記述は正しいか誤りか答えよ。

【問題】地域密着型サービス事業者の指定取消し

 

解答:こちら

 

【Q21】介護老人福祉施設の指定申請について

次の記述は、正しいか誤りか答えよ。

【問題】介護老人福祉施設の指定を受けるためには、老人福祉法上の特別養護老人ホームの設置認可を別途受けている必要がある。

 

解答:こちら

 

【Q22】介護保険施設の被保険者入所要件について

次の記述は、正しいか誤りか答えよ。

【問題】介護老人保健施設の入所者が要支援2になった場合には、施設サービスに関する保険給付の対象から外れる。

 

解答:こちら

 

【Q23】介護認定等の申請について

次の記述は、正しいか誤りか答えよ。

【問題】家庭裁判所には、申請権がある。

 

解答:こちら

 

【Q24】基準該当サービスについて②

次の記述は、正しいか誤りか答えよ。

【問題】事業者が法人格を有していなくても、基準該当サービスとして認められる。

 

解答:こちら

 

【Q25】特例サービス費について

次の記述は、正しいか誤りか答えよ。

【問題】被保険者が、緊急その他やむを得ない理由により、被保険者証を提示しないでサービスを受けても、特例居宅介護サービス費の支給対象となり得る。

 

解答:こちら

 

【Q26】第1号被保険者の保険料について

次の記述は正しいか誤りか答えよ。

【問題】年金保険者は、第1号被保険者の保険料を国民健康保険団体連合会に納入しなければならない。

 

解答:こちら

 

【Q27】介護報酬の算定基準について

次の記述は、正しいか誤りか答えよ。

【問題】厚生労働大臣は、介護報酬の算定基準の設定について、介護給付費等審査委員会の意見を聴かなければならない。

 

解答:こちら

 

【Q28】第2号被保険者の保険料について

次の記述は、正しいか誤りか答えよ。

【問題】介護給付費・地域支援事業支援納付金は、第1号被保険者の保険料で賄われる。

 

解答:こちら

 

【Q29】指定居宅サービス事業者について

次の記述は、正しいか誤りか答えよ。

【問題】名称及び所在地を変更するときは、都道府県知事に届け出なければならない。

 

解答:こちら

 

【Q30】介護保険と他の制度の関係について

次に関する次の記述は、正しいか誤りか答えよ。

【問題】やむを得ない事由により介護保険からサービスを受けられない場合には、例外的に老人福祉法に基づく市町村の措置によるサービスが受けられる。

 

解答:こちら

 

【Q31】要介護認定等基準時間の算定方法について

次の記述は、正しいか誤りか答えよ。

【問題】主治医意見書の「移動」の項目に記入された時間を合算する。

 

解答:こちら

 

【Q32】国民健康保険団体連合会の行う介護保険関係業務として

次の記述は、正しいか誤りか答えよ。

【問題】都道府県の委託による介護給付費等審査委員会の設置

 

解答:こちら

 

【Q33】利用者負担「高額介護サービス費」について

低所得者対策について、次の記述は正しいか誤りか答えよ。

【問題】高額介護サービス費の負担上限額を超えた利用料は常に現物給付となるため、利用者が直接事業者に支払う必要はない。

 

解答:こちら

 

【Q34】サービス事業所「指定介護老人福祉施設」について

次の記述は、正しいか誤りか答えよ。

【問題】地域密着型サービスに含まれる。

 

解答:こちら

 

【Q35】施設サービスの食費について

介護保険制度における利用者の負担について、次の記述は正しいか誤りか答えよ。

【問題】施設サービスにおける食費は、利用者が負担する。

 

解答:こちら

 

【Q36】指定居宅サービス事業者の指定について

次の記述は正しいか誤りか答えよ。

【問題】指定は、事業者ごとに行う。

 

解答:こちら

 

【Q37】介護保険法における消滅時効について

次の記述は正しいか誤りか答えよ。

【問題】サービス事業者の介護報酬の請求権は、5年である。

 

解答:こちら

 

【Q38】保険給付「法定代理受領方式」について

保険給付に関する次の記述は、正しいか誤りか答えよ。

【問題】法定代理受領方式で現物給付化されるものがある。

 

解答:こちら

 

無料体験実施中

24時間受付中!

受付時間 10:00~21:00 (日)を除く